こちらは旧日記です。移転先→ 愚行録 the Next Generation

当たるも当たらぬも

| | コメント(0) | トラックバック(0)

易の考え方で、太極という根源から倍々に分かれていって万物が生成されるという考え方がある。
その途中に八卦がある。
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の八卦。
曰く、「易に太極あり、これ両儀を生じ、両儀は四象を生ず」
太極(1)から両儀(2)が生まれ、そこから四象(4)が生まれる。
同様に四象から八卦が生じ、十六茶になるのです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 当たるも当たらぬも

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://emeth.jp/diary_old/mt-tb.cgi/507

コメントする

このブログ記事について

このページは、Kitが2007年7月31日 00:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昇級」です。

次のブログ記事は「体重計」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01