「2018年06月」の記事

ドアスコープモニターを作る (4) 保護編

2018年6月17日 / 未分類

これまでのあらすじ

ちまちまと続けてるんじゃ。

本題

Raspberry Pi Zero W、カメラ、DCDCコンバータと基板むき出し×3だったので何とかした。

Raspberry Pi Zero WのはAmazonで見つけた。
他のアクリルケースとかだと側面空いてたりしたけど、これは側面も覆ってくれるのでいい感じ。
GPIO部分が開いているのはしょうがない。今のところGPIO使う予定ないけど放熱のことも考えてこのまま。

カメラのはスイッチサイエンスのカメラケース(の後ろ部分)
左右の穴にM3のナット接着してM3ネジを通し、先端にネオジム磁石接着することで4本足で扉に張り付く形に。
位置の微調整がとてもやりやすくなった。ネジを回すことで高さも微調整可能。

DCDCコンバータには単一電池ボックスがちょうどいいサイズだった。
柔らかいので穴あけも簡単。ドリルで穴開けた後、木ネジで広げたりデザインナイフで削ったりした。
コンバータにスペーサー立ててケースかぶせてネジで止めて終了。

これまでカメラ位置の微調整に手こずってケーブルに力がかかり、抜けてしまう(Raspi側の固定具が壊れて引っ張ると抜けやすくなってるため)という事故が多発していたため、長いのに交換していたが、微調整が楽になったので短いのに戻そうかな。
そして全部まとめて上から箱を被せたい。DCDCコンバータのケース意味なかったじゃん、ってなるけど。
サイズ的には150x100x30でぴったり収まるので、それより少し大きめあたり。
ホームセンターで使えそうな箱とか探してみたけど、底面を表に出すことになるもんだから、見た目が残念になるものばかりで困った。
急ぐものじゃないので気が向いたときにいろいろ探してみよう。

ドアスコープモニターを作る (3) 挫折編

2018年6月10日 / 未分類

作ろうとしているものと同じコンセプトでより高機能な製品があった。

チャイム音を録音しておいて、同じチャイムをトリガーに動く、というところがまったく一緒で、あちらはスマホ連携して音声通話もできる。
ドアスコープから見るわけじゃないので絵もしょぼくないし、カメラは防水だし、自作するより安いし(Amazonで17,000円弱)、いいことづくめじゃないか。
無理にこちらの利点を挙げるなら、電池交換の必要がない(配線しなきゃならんけど)、設置の制限が緩い(ドアスコープさえあればいい)、くらいか。

いや、必要な機材は買っちゃったし作ってみるよ。
作る過程が楽しいのだ。

ドアスコープモニターを作る (2) 不安定編

2018年6月10日 / 未分類

これまでのあらすじ

カメラ壊した。

本題

新しいカメラ買ってきて電源線引き回してドアに設置したのがこちら。

Raspberry Pi Zero WHは裏にスペーサー挟んでアルミプレートを付け、プレートにマグネット貼り付けてドアに設置。
カメラはひっつき虫でドアスコープのところに固定。

右にあるのは秋月のDCDCコンバータ。こちらもマグネットで付けている。
必要な電源線の長さを計ったら6m超えていて、USBケーブルでは5m超のものはないのと、電圧降下が怖かったので12VのACアダプターから引っ張ってきて直前で5Vにすることにした。

通信はRaspberry Pi Zero WHについている無線LANインタフェースを使用。
この状態で撮影して転送したり、mjpg-streamer使ってストリーミングさせたりとやっていると、通信が不安定であることに気づいた。
そこで、iperfで計ってみた。

tkito@raspi-camera:~ $ iperf -c 192.168.100.101 -t 100 -i 2
------------------------------------------------------------
Client connecting to 192.168.100.101, TCP port 5001
TCP window size: 43.8 KByte (default)
------------------------------------------------------------
[ 3] local 192.168.100.102 port 39072 connected with 192.168.100.101 port 5001
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[ 3] 0.0- 2.0 sec 512 KBytes 2.10 Mbits/sec
[ 3] 2.0- 4.0 sec 1.12 MBytes 4.72 Mbits/sec
[ 3] 4.0- 6.0 sec 512 KBytes 2.10 Mbits/sec
[ 3] 6.0- 8.0 sec 1.62 MBytes 6.82 Mbits/sec
[ 3] 8.0-10.0 sec 430 KBytes 1.76 Mbits/sec
[ 3] 10.0-12.0 sec 5.66 KBytes 23.2 Kbits/sec
[ 3] 12.0-14.0 sec 4.24 KBytes 17.4 Kbits/sec
[ 3] 14.0-16.0 sec 1.41 KBytes 5.79 Kbits/sec
[ 3] 16.0-18.0 sec 1.41 KBytes 5.79 Kbits/sec
[ 3] 18.0-20.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 20.0-22.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 22.0-24.0 sec 1.41 KBytes 5.79 Kbits/sec
[ 3] 24.0-26.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 26.0-28.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 28.0-30.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 30.0-32.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 32.0-34.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 34.0-36.0 sec 2.83 KBytes 11.6 Kbits/sec
[ 3] 36.0-38.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 38.0-40.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 40.0-42.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 42.0-44.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 44.0-46.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 46.0-48.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 48.0-50.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 50.0-52.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 52.0-54.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 54.0-56.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 56.0-58.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 58.0-60.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 60.0-62.0 sec 1.41 KBytes 5.79 Kbits/sec
[ 3] 62.0-64.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 64.0-66.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 66.0-68.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 68.0-70.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 70.0-72.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 72.0-74.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 74.0-76.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 76.0-78.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 78.0-80.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 80.0-82.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 82.0-84.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 84.0-86.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 86.0-88.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 88.0-90.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 90.0-92.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 92.0-94.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 94.0-96.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 96.0-98.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 98.0-100.0 sec 0.00 Bytes 0.00 bits/sec
[ 3] 0.0-100.6 sec 4.19 MBytes 349 Kbits/sec

(敢えて酷いのを選んではいるけれど)これはひどい。
ちなみにサーバ側は別のRaspberry Pi。

いろいろと試行錯誤してみたところ、ドアから15cmほど離したところでやると25Mbpsくらいの安定した測定結果を得られた。
ドアのごく近くに置いてある、というのが悪いのだろう。
適当な箱でも買ってきてドアから離した形で据え付けることにしよう。

続きはいつになることやら…

余談

ドアに密着している状態でもiperfのサーバ側になった場合は十分な速度が出ることを確認した。

tkito@raspi-fancon:~ $ iperf -c 192.168.100.102 -t 100 -i 2
------------------------------------------------------------
Client connecting to 192.168.100.102, TCP port 5001
TCP window size: 43.8 KByte (default)
------------------------------------------------------------
[ 3] local 192.168.100.101 port 57936 connected with 192.168.100.102 port 5001
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[ 3] 0.0- 2.0 sec 2.88 MBytes 12.1 Mbits/sec
[ 3] 2.0- 4.0 sec 6.12 MBytes 25.7 Mbits/sec
[ 3] 4.0- 6.0 sec 3.62 MBytes 15.2 Mbits/sec
[ 3] 6.0- 8.0 sec 4.38 MBytes 18.4 Mbits/sec
[ 3] 8.0-10.0 sec 3.12 MBytes 13.1 Mbits/sec
[ 3] 10.0-12.0 sec 3.88 MBytes 16.3 Mbits/sec
[ 3] 12.0-14.0 sec 3.38 MBytes 14.2 Mbits/sec
[ 3] 14.0-16.0 sec 5.38 MBytes 22.5 Mbits/sec
[ 3] 16.0-18.0 sec 6.00 MBytes 25.2 Mbits/sec
[ 3] 18.0-20.0 sec 6.00 MBytes 25.2 Mbits/sec
[ 3] 20.0-22.0 sec 4.88 MBytes 20.4 Mbits/sec
[ 3] 22.0-24.0 sec 6.12 MBytes 25.7 Mbits/sec
[ 3] 24.0-26.0 sec 5.62 MBytes 23.6 Mbits/sec
[ 3] 26.0-28.0 sec 7.88 MBytes 33.0 Mbits/sec
[ 3] 28.0-30.0 sec 6.50 MBytes 27.3 Mbits/sec
[ 3] 30.0-32.0 sec 8.12 MBytes 34.1 Mbits/sec
[ 3] 32.0-34.0 sec 8.12 MBytes 34.1 Mbits/sec
[ 3] 34.0-36.0 sec 7.50 MBytes 31.5 Mbits/sec
[ 3] 36.0-38.0 sec 6.25 MBytes 26.2 Mbits/sec
[ 3] 38.0-40.0 sec 6.12 MBytes 25.7 Mbits/sec
[ 3] 40.0-42.0 sec 3.38 MBytes 14.2 Mbits/sec
[ 3] 42.0-44.0 sec 6.88 MBytes 28.8 Mbits/sec
[ 3] 44.0-46.0 sec 7.00 MBytes 29.4 Mbits/sec
[ 3] 46.0-48.0 sec 7.00 MBytes 29.4 Mbits/sec
[ 3] 48.0-50.0 sec 7.62 MBytes 32.0 Mbits/sec
[ 3] 50.0-52.0 sec 7.50 MBytes 31.5 Mbits/sec
[ 3] 52.0-54.0 sec 7.75 MBytes 32.5 Mbits/sec
[ 3] 54.0-56.0 sec 7.50 MBytes 31.5 Mbits/sec
[ 3] 56.0-58.0 sec 9.88 MBytes 41.4 Mbits/sec
[ 3] 58.0-60.0 sec 9.50 MBytes 39.8 Mbits/sec
[ 3] 60.0-62.0 sec 8.88 MBytes 37.2 Mbits/sec
[ 3] 62.0-64.0 sec 9.88 MBytes 41.4 Mbits/sec
[ 3] 64.0-66.0 sec 10.2 MBytes 43.0 Mbits/sec
[ 3] 66.0-68.0 sec 10.4 MBytes 43.5 Mbits/sec
[ 3] 68.0-70.0 sec 10.2 MBytes 43.0 Mbits/sec
[ 3] 70.0-72.0 sec 10.4 MBytes 43.5 Mbits/sec
[ 3] 72.0-74.0 sec 10.2 MBytes 43.0 Mbits/sec
[ 3] 74.0-76.0 sec 10.5 MBytes 44.0 Mbits/sec
[ 3] 76.0-78.0 sec 6.62 MBytes 27.8 Mbits/sec
[ 3] 78.0-80.0 sec 4.00 MBytes 16.8 Mbits/sec
[ 3] 80.0-82.0 sec 6.88 MBytes 28.8 Mbits/sec
[ 3] 82.0-84.0 sec 4.88 MBytes 20.4 Mbits/sec
[ 3] 84.0-86.0 sec 5.25 MBytes 22.0 Mbits/sec
[ 3] 86.0-88.0 sec 6.75 MBytes 28.3 Mbits/sec
[ 3] 88.0-90.0 sec 7.38 MBytes 30.9 Mbits/sec
[ 3] 90.0-92.0 sec 7.50 MBytes 31.5 Mbits/sec
[ 3] 92.0-94.0 sec 7.00 MBytes 29.4 Mbits/sec
[ 3] 94.0-96.0 sec 7.00 MBytes 29.4 Mbits/sec
[ 3] 96.0-98.0 sec 7.00 MBytes 29.4 Mbits/sec
[ 3] 98.0-100.0 sec 7.38 MBytes 30.9 Mbits/sec
[ 3] 0.0-100.0 sec 344 MBytes 28.9 Mbits/sec

送受信するパケットを考えると、受信はできるがパケット長の長いパケットの送信に難がありそうなことが推測できる。
実際、クライアント側として動かしたときも、「0.00 bits/sec」の情報自体はちゃんと定期的に送信されてきていた。こちらも無線LAN経由であることに変わりはないのに。

ドアスコープモニターを作る (1) 破壊編

2018年6月10日 / 未分類

新聞勧誘で嫌な思いしたことがあるので、基本的に在宅中にチャイムが鳴っても出ない。
宅配便や出前など、来ることが分かっている場合は出るけれど、たまに忘れててスルーした後に不在票投函の音で気づくが時すでに遅し、ということがある。
こんな時ドアモニターがあればいいのにな、と思う。

以前住んでいたところにはついていた。今のところにはついていない。
同じマンションの空き部屋のインターフォンがモニタ付きになっていたりするので順次取り換えてはいるようだが、配線作業の問題から、人が住んでいる間には取り換えられないのではと思っている。

ドアスコープモニターという商品は存在している。

ドアスコープにマグネットでつけるだけ、無線で飛ばして手元で確認できる。
なんかもう、これでいいんじゃないかな、といった趣だが違う、違うのだよ。
チャイムが鳴った時に反応して自動で表示してほしいじゃん、外出中に来客があった時に通知して画像確認とかしたいじゃん!
友達が来ることなんてないから気にしないでいいだろとか言うなよ悲しいじゃん!

というわけで自作することにした私は、Raspberry Pi Zero WHとRaspberry Piカメラモジュールv2その他を注文したのである。
ありがとうみんなの味方、秋月。

Raspberry Piカメラモジュールv2にはフォーカス調整冶具がついていて、フォーカス調整ができる。
時計回りに回すと遠方にフォーカスがあたって、反時計回りに回すと近方になるらしい。
面白がって反時計回りに回してたらレンズがポロっと外れてしまった。そりゃそうだよね。
慌ててレンズを付け直し、カメラの画像を見てみたところ…

何か割れた感じに。
ライト周辺の天井を写しているだけで、ライトと天井以外のものはない。
レンズが外れて落ちた時に壊れたのか、付け直した時にきつく締めすぎたのか、何にしろ明らかに壊れている。
こうしてカメラ1つをお釈迦にしてしまった私は、急遽秋葉原へと旅立ち、新しいカメラを調達してきたのであった。

続く。

TOPへ戻る